窓際族よ。副業をしよう

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副業の掟
窓際族でも新たな収入を得たいと考えるのが常

しかし、どつぼにはまると大変なことになる。

そこで、次の掟は守って副業をやろう。



副業の掟



掟1 無理をしない


掟2 違法行為をしない


掟3 副業の目的を忘れるな


掟4 売り上げを気にするな


掟5 利益を重視しろ


ブログランキングに参加中 クリックよろしく!
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

今年のうちに済ませておきたいことは
今年もあと少しで終わりですね。

2007年もいい年であるといいですね。

今年中にやっておかないといけないことは、やっぱり年賀状でしょう。

年賀状に手書きのコメントがあるとうれしいものですよね。

掟1 無理をしない


「夜までパソコンで仕事してたら、昼間の仕事で寝てしまい、上司に怒られた。」
「深夜バイトがきつくて、昼間の仕事に全然集中できない。」


副業にのめり込んでしまうと、こんなことを感じることがあるでしょう。
これは、副業が本業に悪影響を与えてしまっている典型的な例である。
窓際族だからどうでもいいんだ!という意見もあるだろう。


しかし、考えてみよう人件費等の総合の費用は副業と本業のどちらが多いだろうか?多くの人は、本業のほうが多いはずである。


副業は、本業で働く以外の空いている時間を利用する性質上どうしても体に負担がかかることが多い。特に、肉体労働系の副業ではある程度の拘束時間をとられ、2、3時間の睡眠時間になることもある。
さらに、拘束時間は過度の労働を強いられる場合も多く、体にガタがきてもおかしくない。

それが本業に影響し、さらに生産性が悪くなると、減給の対象になる。
さらに、窓際族とっては解雇の原因を作ってしまうことになる。

無理をする必要があるときもあるかもしれないが、基本的に本業に影響を与えないように行うべきである。

掟2 違法行為をしない。


これは、言うまでもないかもしれませんね。


違法行為は絶対にすべきものではありません。
窓際族では、収入がたりないためにはじめた副業で逮捕されたら、本業も解雇されることになる。


こんなことまでして、副業をする必要があったのか?


せっかくなので、会社が解雇する理由になる行為を列挙する。

コンピューターソフト、映画、DVD、音楽CD等の違法コピー販売
個人のプライバシーの侵害
わいせつ画像等の販売
密輸品等、違法性の高い商品の販売

勤務先の顧客データの利用
勤務先の資料の利用
勤務先の競合他社に利益をもたらす行為
勤務中に副業をする行為
本業の勤務に支障をきたす行為


自分はそんなことはしないと思っていても、例えば会社の電話やFAXやパソコンなどを使って副業をするのも処分の対象になる可能性がたかい。つまり、会社の備品を副業に使うのは絶対に避けるべきである。


掟3 副業の目的を忘れるな



副業をはじめる目的はいろいろあると思う。


窓際族を卒業したいなどの理由があると思う。


しかし、ある程度時間が経つと、その目的意識が曖昧になってくることが多い。


副業に力を入れていた割には儲からないし、さらに本業でも眠ってしまい、どちらも疎かになりはじめたりと問題が生じるときがあります。


もちろん副業スタート時の目的とかわることもありますが、自分が何のために副業を行っているかを忘れず目的意識を持っておくべきです。



Copyright © 窓際族よ。副業をしよう. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。