窓際族よ。副業をしよう

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大勢が輪
十(とお)になった。
 お父様が少しずつ英語を教えて下さることになった。
 内を東京へ引き越すようになるかも知れないという話がおりおりある。そんな話のある時、聞耳を立てると、お母様が余所(よそ)の人に言うなと仰(おっし)ゃる。お父様は、若し東京へでも行くようになると、余計な物は持って行かれないから、物を選(え)り分けねばならないというので、よく蔵にはいって何かしていらっしゃる。蔵は下の方には米がはいっていて、二階に長持や何かが入れてあった。お父様のこのお為事(しごと)も、客でもあると、すぐに止(や)めておしまいになる。
 何故人に言っては悪いのかと思って、お母様に問うて見た。お母様は、東京へは皆行きたがっているから、人に言うのは好くないと仰ゃった。
 或日お父様のお留守に蔵の二階へ上って見た。蓋(ふた)を開けたままにしてある長持がある。色々な物が取り散らしてある。もっと小さい時に、いつも床の間に飾ってあった鎧櫃(よろいびつ)が、どうしたわけか、二階の真中に引き出してあった。甲冑(かっちゅう)というものは、何でも五年も前に、長州征伐があった時から、信用が地に墜(お)ちたのであった。お父様が古かね屋にでも遣(や)っておしまいなさるお積で、疾(と)うから蔵にしまってあったのを、引き出してお置になったのかも知れない。
 僕は何の気なしに鎧櫃の蓋を開けた。そうすると鎧の上に本が一冊載っている。開けて見ると、綺麗に彩色のしてある絵である。そしてその絵にかいてある男と女とが異様な姿勢をしている。僕は、もっと小さい時に、小原のおばさんの内で見た本と同じ種類の本だと思った。しかしもう大分それを見せられた時よりは智識(ちしき)が加わっているのだから、その時よりは熟(よ)く分った。Michelangelo の壁画の人物も、大胆な遠近法を使ってかいてあるとはいうが、こんな絵の人物には、それとは違って、随分無理な姿勢が取らせてあるのだから、小さい子供に、どこに手があるやら足があるやら弁(わきま)えにくかったのも無理は無い。今度は手も足も好く分った。そして兼て知りたく思った秘密はこれだと思った。
 僕は面白く思って、幾枚かの絵を繰り返して見た。しかしここに注意して置かなければならない事がある。それはこういう人間の振舞が、人間の欲望に関係を有しているということは、その時少しも分らなかった。Schopenhauer はこういう事を言っている。人間は容易に醒(さ)めた意識を以て子を得ようと謀(はか)るものではない。自分の胤(たね)の繁殖に手を着けるものではない。そこで自然がこれに愉快を伴わせる。これを欲望にする。この愉快、この欲望は、自然が人間に繁殖を謀(はか)らせる詭謀(きぼう)である、餌(え)である。こんな餌を与えないでも、繁殖に差支(さしつかえ)のないのは、下等な生物である。醒めた意識を有せない生物であると云っている。僕には、この絵にあるような人間の振舞に、そんな餌が伴わせてあるということだけは、少しも分らなかったのである。僕の面白がって、繰り返して絵を見たのは、只まだ知らないものを知るのが面白かったに過ぎない。Neugierde に過ぎない。Wissbegierde に過ぎない。小原のおばさんに見せて貰っていた、島田髷(まげ)の娘とは、全く別様な眼で見たのである。
 さて繰り返して見ているうちに、疑惑を生じた。それは或る体(からだ)の部分が馬鹿に大きくかいてあることである。もっと小さい時に、足でないものを足だと思ったのも、無理は無いのである。一体こういう画はどこの国にもあるが、或る体の部分をこんなに大きくかくということだけは、世界に類が無い。これは日本の浮世絵師の発明なのである。昔希臘の芸術家は、神の形を製作するのに、額を大きくして、顔の下の方を小さくした。額は霊魂の舎(やど)るところだから、それを引き立たせる為めに大きくした。顔の下の方、口のところ、咀嚼(そしゃく)に使う上下の顎(あご)に歯なんぞは、卑しい体の部であるから小さくした。若しこっちの方を大きくすると、段々猿に似て来るのである。Camper の面角(めんかく)が段々小さくなって来るのである。それから腹の割合に胸を大きくした。腹が顎や歯と同じ関係を有しているということは、別段に説明することを要せない。飲食よりは呼吸の方が、上等な作用である。その上昔の人は胸に、詳しく言えば心の臓に、血の循行(めぐり)ではなくて、精神の作用を持たせていたのである。その額や胸を大きくしたと同じ道理で、日本の浮世絵師は、こんな画をかく時に、或る体の部分を大きくしたのである。それがどうも僕には分らなかった。
 肉蒲団(ぶとん)という、支那人の書いた、けしからん猥褻(わいせつ)な本がある。お負に支那人の癖で、その物語の組立に善悪の応報をこじつけている。実に馬鹿げた本である。 その本に未央生(みおうせい)という主人公が、自分の或る体の部分が小さいようだというので、人の小便するのを覗(のぞ)いて歩くことが書いてある。僕もその頃人が往来ばたで小便をしていると、覗いて見た。まだ御城下にも辻便所などはないので、誰でも道ばたでしたのである。そして誰のも小さいので、画にうそがかいてあると判断して、天晴(あっぱれ)発見をしたような積でいたのである。
 これが僕の可笑しな絵を見てから実世界の観察をした一つである。今一つの観察は、少し書きにくいが、真実の為めに強いて書く。僕は女の体の或る部分を目撃したことが無い。その頃御城下には湯屋なんぞはない。内で湯を使わせてもらっても、親類の家に泊って、余所(よそ)の人に湯を使わせてもらっても、自分だけが裸にせられて、使わせてくれる人は着物を着ている。女は往来で手水(ちょうず)もしない。これには甚だ窮した。
 学校では、女の子は別な教場で教えることになっていて、一しょに遊ぶことも絶(たえ)て無い。若し物でも言うと、すぐに友達仲間で嘲弄(ちょうろう)する。そこで女の友達というものはなかった。親類には娘の子もあったが、節句だとか法事だとかいうので来ることがあっても、余所行の着物を着て、お化粧をして来て、大人しく何か食べて帰るばかりであった。心安いのはない。只内の裏に、藩の時に小人(こびと)と云ったものが住んでいて、その娘に同年位なのがいた。名は勝(かつ)と云った。小さい蝶々髷(ちょうちょうまげ)を結っておりおり内へ遊びに来る。色の白い頬っぺたの膨(ふく)らんだ子で、性質が極素直であった。この子が、気の毒にも、僕の試験の対象物にせられた。
 五月雨(さみだれ)の晴れた頃であった。お母様は相変らず機を織っていらっしゃる。蒸暑い午(ひる)過で、内へ針為事に来て、台所の手伝をしている婆あさんは昼寝をしている。お母様の梭(ひ)の音のみが、ひっそりしている家に響き渡っている。
 僕は裏庭の蔵の前で、蜻※(とんぼ)の尻に糸を附けて飛ばせていた。花の一ぱい咲いている百日紅(さるすべり)の木に、蝉(せみ)が来て鳴き出した。覗いて見たが、高い処なので取れそうにない。そこへ勝が来た。勝も内のものが昼寝をしたので、寂しくなって出掛けて来たのである。
「遊びましょうやあ」
 これが挨拶である。僕は忽(たちま)ち一計を案じ出した。
「うむ。あの縁から飛んで遊ぼう」
 こう云って草履を脱いで縁に上った。勝も附いて来て、赤い緒の雪踏(せった)を脱いで上った。僕は先ず跣足(はだし)で庭の苔(こけ)の上に飛び降りた。勝も飛び降りた。僕は又縁に上って、尻を※(まく)った。
「こうして飛ばんと、着物が邪魔になって行(い)けん」
 僕は活溌に飛び降りた。見ると、勝はぐずぐずしている。
「さあ。あんたも飛びんされえ」
 勝は暫く困ったらしい顔をしていたが、無邪気な素直な子であったので、とうとう尻を※って飛んだ。僕は目を円くして覗いていたが、白い脚(あし)が二本白い腹に続いていて、なんにも無かった。僕は大いに失望した。Operaglass で ballet を踊る女の股(また)の間を覗いて、羅(うすもの)に織り込んである金糸の光るのを見て、失望する紳士の事を思えば、罪のない話である。

 その歳の秋であった。
 僕の国は盆踊の盛な国であった。旧暦の盂蘭盆(うらぼん)が近づいて来ると、今年は踊が禁ぜられるそうだという噂(うわさ)があった。しかし県庁で他所産(たしょうまれ)の知事さんが、僕の国のものに逆うのは好くないというので、黙許するという事になった。
 内から二三丁ばかり先は町である。そこに屋台が掛かっていて、夕方になると、踊の囃子(はやし)をするのが内へ聞える。
 踊を見に往(い)っても好いかと、お母様に聞くと、早く戻るなら、往っても好いということであった。そこで草履を穿(は)いて駈け出した。
 これまでも度々見に往ったことがある。もっと小さい時にはお母様が連れて行って見せて下すった。踊るものは、表向は町のものばかりというのであるが、皆頭巾(ずきん)で顔を隠して踊るのであるから、侍(さぶらい)の子が沢山踊りに行く。中には男で女装したのもある。女で男装したのもある。頭巾を着ないものは百眼(ひゃくまなこ)というものを掛けている。西洋でする Carneval は一月で、季節は違うが、人間は自然に同じような事を工夫し出すものである。西洋にも、収穫の時の踊は別にあるが、その方には仮面を被(かぶ)ることはないようである。
 大勢が輪になって踊る。覆面をして踊りに来て、立って見ているものもある。見ていて、気に入った踊手のいる処へ、いつでも割り込むことが出来るのである。
 僕は踊を見ているうちに、覆面の連中の話をするのがふいと耳に入った。識(し)りあいの男二人と見える。
「あんたあゆうべ愛宕(あたご)の山へ行きんさったろうがの」
「※(うそ)を言いんさんな」
「いいや。何でも行きんさったちゅう事じゃ」
 こういうような問答をしていると、今一人の男が側から口を出した。
「あそこにゃあ、朝行って見ると、いろいろな物が落ちておるげな」
 跡は笑声になった。僕は穢(きたな)い物に障(さわ)ったような心持がして、踊を見るのを止(や)めて、内へ帰った。
スポンサーサイト

秘密が伏在
七つになった。
 お父様が東京からお帰になった。僕は藩の学問所の址(あと)に出来た学校に通うことになった。
 内から学校へ往くには、門の前のお濠の西のはずれにある木戸を通るのである。木戸の番所の址がまだ元のままになっていて、五十ばかりのじいさんが住んでいる。女房も子供もある。子供は僕と同年位の男の子で、襤褸(ぼろ)を着て、いつも二本棒を垂らしている。その子が僕の通る度に、指を銜(くわ)えて僕を見る。僕は厭悪(えんお)と多少の畏怖(いふ)とを以てこの子を見て通るのであった。
 或日木戸を通るとき、いつも外に立っている子が見えなかった。おれはあの子はどうしたかと思いながら、通り過ぎようとした。その時番所址の家の中で、じいさんの声がした。
「こりい。それう持ってわやくをしちゃあいけんちゅうのに」
 僕はふいと立ち留って声のする方を見た。じいさんは胡坐(あぐら)をかいて草鞋(わらじ)を作っている。今叱ったのは、子供が藁(わら)を打つ槌(つち)を持ち出そうとしたからである。子供は槌を措(お)いておれの方を見た。じいさんもおれの方を見た。濃い褐色の皺(しわ)の寄った顔で、曲った鼻が高く、頬がこけている。目はぎょろっとしていて、白目の裡(うち)に赤い処や黄いろい処がある。じいさんが僕にこう云った。
「坊様。あんたあお父(とっ)さまとおっ母(か)さまと夜何をするか知っておりんさるかあ。あんたあ寐坊(ねぼう)じゃけえ知りんさるまあ。あははは」
 じいさんの笑う顔は実に恐ろしい顔である。子供も一しょになって、顔をくしゃくしゃにして笑うのである。
 僕は返事をせずに、逃げるように通り過ぎた。跡にはまだじいさんと子供との笑う声がしていた。
 道々じいさんの云った事を考えた。男と女とが夫婦になっていれば、その間に子供が出来るということは知っている。しかしどうして出来るか分らない。じいさんの言った事はその辺に関しているらしい。その辺になんだか秘密が伏在しているらしいと、こんな風に考えた。
 秘密が知りたいと思っても、じいさんの言うように、夜目を醒(さ)ましていて、お父様やお母様を監視せようなどとは思わない。じいさんがそんな事を言ったのは、子供の心にも、profanation である、褻※(せつとく)であるというように感ずる。お社の御簾(みす)の中へ土足で踏み込めといわれたと同じように感ずる。そしてそんな事を言ったじいさんが非道く憎いのである。
 こんな考はその後木戸を通る度に起った。しかし子供の意識は断えず応接に遑(いとま)あらざる程の新事実に襲われているのであるから、長く続けてそんな事を考えていることは出来ない。内に帰っている時なんぞは、大抵そんな事は忘れているのであった。
Copyright © 窓際族よ。副業をしよう. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。