窓際族よ。副業をしよう

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密が伏在
七つになった。
 お父様が東京からお帰になった。僕は藩の学問所の址(あと)に出来た学校に通うことになった。
 内から学校へ往くには、門の前のお濠の西のはずれにある木戸を通るのである。木戸の番所の址がまだ元のままになっていて、五十ばかりのじいさんが住んでいる。女房も子供もある。子供は僕と同年位の男の子で、襤褸(ぼろ)を着て、いつも二本棒を垂らしている。その子が僕の通る度に、指を銜(くわ)えて僕を見る。僕は厭悪(えんお)と多少の畏怖(いふ)とを以てこの子を見て通るのであった。
 或日木戸を通るとき、いつも外に立っている子が見えなかった。おれはあの子はどうしたかと思いながら、通り過ぎようとした。その時番所址の家の中で、じいさんの声がした。
「こりい。それう持ってわやくをしちゃあいけんちゅうのに」
 僕はふいと立ち留って声のする方を見た。じいさんは胡坐(あぐら)をかいて草鞋(わらじ)を作っている。今叱ったのは、子供が藁(わら)を打つ槌(つち)を持ち出そうとしたからである。子供は槌を措(お)いておれの方を見た。じいさんもおれの方を見た。濃い褐色の皺(しわ)の寄った顔で、曲った鼻が高く、頬がこけている。目はぎょろっとしていて、白目の裡(うち)に赤い処や黄いろい処がある。じいさんが僕にこう云った。
「坊様。あんたあお父(とっ)さまとおっ母(か)さまと夜何をするか知っておりんさるかあ。あんたあ寐坊(ねぼう)じゃけえ知りんさるまあ。あははは」
 じいさんの笑う顔は実に恐ろしい顔である。子供も一しょになって、顔をくしゃくしゃにして笑うのである。
 僕は返事をせずに、逃げるように通り過ぎた。跡にはまだじいさんと子供との笑う声がしていた。
 道々じいさんの云った事を考えた。男と女とが夫婦になっていれば、その間に子供が出来るということは知っている。しかしどうして出来るか分らない。じいさんの言った事はその辺に関しているらしい。その辺になんだか秘密が伏在しているらしいと、こんな風に考えた。
 秘密が知りたいと思っても、じいさんの言うように、夜目を醒(さ)ましていて、お父様やお母様を監視せようなどとは思わない。じいさんがそんな事を言ったのは、子供の心にも、profanation である、褻※(せつとく)であるというように感ずる。お社の御簾(みす)の中へ土足で踏み込めといわれたと同じように感ずる。そしてそんな事を言ったじいさんが非道く憎いのである。
 こんな考はその後木戸を通る度に起った。しかし子供の意識は断えず応接に遑(いとま)あらざる程の新事実に襲われているのであるから、長く続けてそんな事を考えていることは出来ない。内に帰っている時なんぞは、大抵そんな事は忘れているのであった。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 窓際族よ。副業をしよう. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。